近藤和花さんピアノBechsteinベヒシュタインの音色は5月の扉を開く

チャリティーローズガーデンで毎年5月に開催される

近藤和花さんのピアノ・コンサートに、今年も伺いました。

弊社および美エイジング®協会にて応援している、ピアニスト近藤和花さん。

コンサートに伺うのは、昨年10月浜離宮朝日ホール以来です。

 

この日は、ピアノの世界3大名器と称される1つ、Bechstein(ベヒシュタイン)の

現代モデルと、1880年製リストモデルの2台が並ぶステージです。

 

ステージ頭上には丸い天窓。

ローズガーデンの白いつるバラが外壁を叩い、ステージを覗いていて、

近藤さんのピアノを皆様と一緒に聴いているかのようです。

近藤和花さん ベヒシュタイン現代とリストモデルを弾く

プログラム:

ベヒシュタイン現代モデル

ショパン ワルツイ短調 遺作、ワルツ ヘ短調 作品70−2

ヨハンシュトラウス ウィンナワルツ「春の声」

リュリ アルマンド、クーラント、アリア、ジーグ

ショパン 英雄ポロネーズ

 

ベヒシュタイン1880年製リストモデル

ドビュッシー没後100年に寄せて

ドビュッシー「版画」I 塔(パゴダ)、II グラナダの夕暮れ、III 雨の庭

 

以前のコンサートで近藤さんがお話しくださったBechsteinのリストモデルは、

歴史を重ねたピアノなので調律にも時間が必要で、

現代のピアノとは響き方や音の反響が違うとのこと。

 

デリケートなBechsteinとリストモデルと

向き合ってきた近藤さんの時間が、コンサートで表現されました。

また、当日は近藤さんにとって大切な日。お父様の命日だそうです。

お父様との思い出や、様々な感情もきっとおありでしょう。
一期一会の音色です。

美エイジング協会の「アート」とは音・色・花・食

今年も、素敵な時間を創ってくださった近藤和花さんに感謝を込めて、

美エイジング®協会から花束を贈呈させていただきました。

 

お花は、キングプロテア、ピンボールマムグリーン、

カーネーションのバカラパープル、マイクロアリストロメリアキッス。

暑さにも強く、個性とエレガントさを兼ね添えたお花です。

 

花束は、美エイジング®協会発足パーティーの際に、

素敵なディスプレイを製作してくださったバルコニースタイル さん。いつもありがとうございます。

バルコニースタイル品川店

開演中に雨が降り始めましたが、

夏日が続いていたため、バラに取ってはひと息つけたと時間と思います。

 ローズガーデンでは、春と初夏の間の一瞬、バラと緑に彩られた時間を感じることができます。

近藤さんのファン歴も気がつけば数年になります、

この間の私自身の軌跡も重ね合わせた時間でした。

 

近藤和花さんのピアノと、

その世界観を彩るバラの花々によって「5月の扉」が開くのです。

美エイジング協会代表理事桜井まどか