「ランジェラー」の美意識と40代50代女性の心理

美エイジング®協会理事の桜井まどかです。

 

先日は女性メディア主催の座談会にて、色彩心理学の視点でヨーロッパを中心とするランジェリーについてお話しをさせていただく機会がありました。

タイトルは『愛しいランジェリーは女のストレスを吹き飛ばす』。

 

 

これらは、WEBメディア『DRESS』座談会の女性4名による自由な発言模を3回のご掲載にまとめていただいたもの。

それぞれのテーマごとに、読みごたえある内容になっています。

ランジェリーから、40歳以上の女性の美意識やライフスタイルも垣間見ることができます。

(各ストーリーへは本文最後のリンクからご覧ください)

 

 

 

大テーマは、フランスやイタリアのヨーロッパのランジェリーの魅力について。

私自身、海外のランジェリーには思い入れが深く、お話しの時間も楽しいものでした。

いつも、刺繍やリボン、フリルという造形の繊細さにいつも目を奪われます。

そして、オーガンジーや織によるテクスチャーの妙、異素材とのマッチングなど。

国産ではなかなか出会えないラグジュアリーな世界が魅力です。

 

ランジェリーに随所に感じられるのは、ヨーロッパの手仕事に支えられ、大切に守られてきた感性です。

日本で言えば和装(着物)文化。 どちらも、長い伝統と文化に裏打ちされた、揺るぎない美意識です。

ランジェラー桜井まどか40代50代女性の下着の美意識

幾重にも重なる布の描く光や色彩、透け感を通しての肌の色‥。

身に纏う着物もランジェリーも、自分自身をアートとして感じることもできます。

その高揚感や、非日常の瞬間を与えてくれる本物と出会えた時、幸せな気持ちになります。

心に響く感覚は、女性として生まれた喜び、本人だけの至福です。

  

美エイジング協会・アートなランジェリー

 

ランジェリーから学ぶ美的センスも愉しい時間、自分の嗜好やライフスタイルに沿って、

ランジェリーを愛好する女性を「ランジェラー」と呼ばれているそうです。

アラフォー・アラフィフ女性の美しいエイジングのために、ランジェリーはボディメイクのためだけではなく、

美意識を向上させてくれるものとしても、大切に向き合っていきたいですね。

 

美エイジング®協会では「アート」や「カラー」をツールにした内面からのエイジングケアを提唱し、関連のセミナーやイベントを開講中です。 

関連過去ブログ→トークショー『「伝統色でわかる深層心理トークショー/和の伝統色診断』(ハイアットリージェンシー東京にて開講)