2016年

11月

20日

秋冬ファッションは色彩心理学による伝統色で和のオシャレ、着物で成熟スタイル

色彩の成り立ちには、時代背景や文化も影響しています。

 

色彩心理学による視点で日本の伝統色について知り、

身近に寄せてファッションに取り入れて楽しんでみませんか?

 

色彩に対する感性を大切にして深みが加われば、大人女性として成熟した印象を与えます。

日本人として・大和撫子としての美意識を高めることができます。

 

 

もしもあなたが、次のようなお悩みを持っていたら、

「和の伝統色」に触れることをお勧めします。

・英語に自信ない?

・今から何か新しい資格を取る?

・学ぶなら、健康や美容に役立てたい

 

 

日本古来からの伝統色を知ることで、メイクやファッションにも選択肢が広がります。

外国の方とのコミュニケーションにも役立ち、日本人として知っておきたいことです。

 

 

専門家が発信・WEBコラム 『Columun Latte(コラムラテ)』にて執筆しました。

【ファッション色彩心理学】冬カラーに"深み"をプラス!「和の伝統色」を取り入れると、ぐんと大人っぽい印象に 

 

 

 

 

コラムラテでは、「美エイジング®、色彩と心理、アートセラピー、ファッション」をキーワードに、

アラフォー、アラフィフ女性のライフスタイルについて旬な話題を発信中です。

Column Latte(コラムラテ)コラムインデックス

 

 

 

 

この冬からすぐに使えるノウハウは、美エイジング®アカデミーにて年末年始に開講します。